「研修会・活動報告」カテゴリーアーカイブ

R4年度第71回全国高等学校PTA連合会大会(石川大会)ツアー参加者アンケート結果

アンケート結果

Q1.どちらの地区からのさんかですか?(1つ選んで下さい)

Q2.大会テーマに照らし合わせて大会内容は適切だったと思いますか?(1つ選んで下さい)

Q3.どの分科会に参加しましたか?(1つ選んで下さい)

Q4.分科会の内容は、参考になりましたか?(1つ選んで下さい)

Q5.分科会に参加しての感想

1.個を尊重する事の重要性、そのためには保護者自身も常に意識して子どもと接することが大切だと感じた。私が育った環境を押し付けてはいけないなと強く思いました。
2.ローカルキャリアについてより深く考えるきっかけになりました。今日の講義を参考に自分でも何ができるのか考えていきたいです。
3.中室先生も高濱さんのお話がリンクして勉強になりました
4.本当に浅野さん、合田さんの日本の未来を見据えた教育改革に共感致しました。
5.漠然とした内容であったため、今後の活動にどう反映できるかを読み解く事が難しい
6.基調講演がそれぞれテーマに沿っていて大変勉強になった。
7.数値に基づいた根拠は説得力があった
8.データを元にした子ども達の姿や今後の課題を考える事ができた。思春期の親だから出来ることに関しては内容が分かりにくい所が多かった気がするが要するに子どもが将来を考える時、好きな事を見つけた時の親の在り方や関わり方の参考にできる事があった気がする。だけど一生を左右する事もあるので場面場面でもっと向き合う事が必要かと思った。好きな事を仕事に出来れば1番良いがその後の生活も大事なので干渉し過ぎないように見守りながら関わっていけたら良いなと思います。
9.DX構想やsteam教育などの教育改革の内容であり、現在進行形の内容で参考となった。
10.学び方の変化に保護者として一緒に取り組みたいなと思いました。
11.聞いたことのない言葉もあり、少し難しかった感じです
12.少し理解に難しかった
13.お話が、わかりやすくて、参考になりました
14.中室さんは学力と環境について、データを示しながら話していて説得力があった。また子どもが自信を持つキッカケづくりも大切ということや子どもとの向き合い方も考えさせられたとても良い講演でした。
15.教員の立場として、今後の未来像を考えることができるものだった。とても参考になった。
16.新しい時代の働き方について、大人も柔軟に対応できる思考を持たなければならず、また、子供が正しく進路を選択する力を身につけるためには、大人が正しく導く場面も大事であること。
17.中室先生のお話について、私の子どもの実体験と重なりとても納得できたが、用語や資料が難しく、一般人にももう少しわかりやすいとよかった。
18.教育の改革には親の理解が凄く大事
19.子との接し方について、我が家でもやってるなって事があったり。また、構い過ぎてるとこがないかと反省したり。とても為になるお話でした。
20.科学的根拠という視点と気持ちや価値観からから視点のお話だったので、違う角度のお話が聞けて良かったです。最後の質疑応答での回答は、地域単位のお話をされていたので、個人や小規模でどう取り組んでいけるか、考えていかないといけないと思いました。企画運営ありがとうございました。
21.時代の変化に併せて、国も政策を検討、実施しようとしているので、PTAである親の理解、支持が必要
22.第2分科会に参加しましたが、第4分科会にも興味があったので、オンラインで視聴できると良いと思います。
23.子ども達へ気づきをを与えられるような大人でいたいと感じた。自己肯定感の大切さなどいろいろ考えさせられる事が多くあった
24.講演2つともとても興味深く、引き込まれる内容でした。
25.ただ感覚的に捉え考えていても、根拠のない話は説得力はないが、中室先生の言われるように明確な根拠を示すととても信憑性があるので、常に根拠を意識して様々な取り組みを進めていきたいと思った。
26.これからの学校教育の方向性や課題等を知ることができた。
27.先生方にも聞いてもらいたかった。他の分科会も聴いてみたかったので会場参加者にもオンライン配信されたアーカイブを公開してもらえたらありがたいです。
28.「それぞれやるべきことをやる」「生徒1人ひとりの必要としている時間を抜本的に変える」「1時間の価値」「ありとキリギリス戦略」「探究的」..など、わかりやすく且つ的を得た発言で、再認識させられたことばかりでした。パネルディスカッションの時間があと1時間あってもよかったと思う位です。パワポの資料が手元に欲しかったです。また、それぞれに事情があったとは思うのですが、講演途中や閉会式の最中にゾロゾロと離席するのはあまり好ましくなく感じました。
29.合田先生の講演がすごくわかりやすかった。いつの時代も学校からデモクラシーがはじまり世の中が変化していく。だから学校は変化に柔軟に対応できる組織である事が重要だと感じた。
30.講師が本土の方なので多少は沖縄との文化の違いや沖縄とは現状が違うので、若干当てはまらない部分もありましたが、全体的には良かったと思います
31.話しの中に専門用語が多々あり 理解するのが大変。親が参加しているので身近で分かりやすい内容が良い。教師、親で話し合い学校に還元、反映しにくい。
32.個別最適な「学び」を個別最適な「働き方」、協働的な「学び」を協働的な「社会」と繋げていけるような学校にしていきたいと感じた。
33.コロナ禍でも学校は継続的な対応でありながら、感染防止対策をしながらの教育活動、世の中の変化に伴う今後の教育のあり方について示唆をいただけたような気がします。文科省、経産省が一緒になって子どもたちの未来を考えるキックオフになればいいなあと思いました。
34.まだ発展途中の講師の方々だったと思う
35.初めてに参加であったがいろいろな取り組みや企業とのタイアップがありよかった
36.講師二人の講師の話しが上手であっというまに終りました
37.地域で活躍する人材を活用し、様々なロールモデルに関する情報を生徒に与え主体的に職業選択へと導くことの大切さを学んだ。発表者のパワーポイントの文字が小さくみづらかった
38.当校でのPTA活動の一部が、第3分科会テーマに沿った内容になっていることが確認できて良かった
39.今後の高校教育の自己学習に役立ちます。
39.内容が濃くて、もっと聞きたかったです。出来れば質問もしたかったです。
40.思春期の子ども達との関わり方や親(大人)としての自覚など、とても参考になりました。また、教育に科学的根拠を用いるということも新鮮であり、親として子ども達の視野を広げ、他人との比較ではない評価論を持つ手伝いをする必要があるなど、とても参考になりました。
41.失敗を恐れない幸せな人生を送ることができる最大の力だと判りました
42.時間が長い。16:00終了がベスト
43.講演の時のスライドの文字が小さかった。事例報告やパネルスカッションは分かりやすかった。
44.疑問に感じていたことが少し理解ができました。今回の大会に参加して多くのことを学んだ。
45.文科省が個別最適化、協同的な学びをどのように実現しようとしているかが理解できた。
46.講師の方が話している時に、画面に表示されるのをプリントでいただきたかった。
47.今後の学校教育の在り方について、変化しなければならない意義を丁寧に説明してくれて、色々と学ぶことができました。 探求ってなんだろう、と漠然とした疑問が今回の講話を通して、少し解消したように思います。
48.教育面だけでなく、家庭・仕事でとても有意義な講演でした。
49.GIGAスクール、ソサエティー5.0につながる講演、パネルディスカッションから、本校でも取り組める事を思案する事ができました。大変有意義な大会でした。ありがとうございました。
50.今、話題の1人1台端末環境の早期実現に向けたGIGAスクール構想や総探について色々な話しを聞く事が出来てとても良かった。時代の流れとともに学び方(教える側)も変わらなければいけない強く感じた。(雨の中、分科会会場までの移動が大変でした。)
51.教育DXを推進している方々の多様な考えを聞くことができ、今後の端末活用の参考となった。
52.私たち親や先生方一人一人が価値を生み出し、探究する力を育む事で子供達の可能性を広がると言うこと。 探究と学びを結びつける事で子供達一人一人の特性をみとめその力がさらに伸ばす事が出来ると言う事を学びました。今後の指導のヒントになりました。

Q6.記念講演の内容はいかがでしたか?(1つ選んで下さい)

Q7.全体会に参加しての感想

1.色々なお話が聞けてディスカッションなどもあり、とても有意義な時間になりました。
2.短い時間での大会でしたが、良かったです
3.アトラクションが凄かった。
4.会場が清潔で広々とした中で参加でき良かったです
5.毎回全国大会の記念講演はとても良い内容です
6.簡素化されて良かったと思います
7.貴重な話が聞けて良かったです。うんうんと納得する場面も多くありました。好きな事をする🟰ワガママを通すではない事子どもにも分かってほしいなと思いました。
8.リーダーで組織は変わるとの思いは熱く伝わりました。学校現場での実践に強いエールを頂きました。
9.表彰が簡素化されて良かった
10.せっかく講演会をしているのに、外でいらっしゃいませー、こちらでーす。の声が大きくて講演会が聞こえづらかったです
11.とても勉強になりました
12.企業に必要な視点や努力、チャレンジする行動力。誰か正しいかではなく、何が正しいかという事の追求をしてきた経験を聞けて大変勉強になりました
13.力のある素晴らしい講師の貴重な経験談を聞くことができて光栄に思った。
14.組織のトップの立場として、常にアウトプットを繰り返す姿勢で経営する事が大事。
15.子育てにつながる話ではないけれど、講師の方のご経験談は興味深かった
16.利己<他己、やりたいことをやる→自己成長、組織はリーダーによって99.9%決定するなどのお話がとても印象に残りました。また、課題に向き合う姿勢(何が正しいのか)、柔軟性をもって変化に対応する姿勢今の自分にも必要な課題だなと改めて感じました。
17.記念講演では、有名な企業のトップの話が聞けたのは貴重な経験でした。ありがとうございました。ただ、いち会社員として聞く内容だった。第一分科会で、類は友を呼ぶの話があったこともあり、講演内容としてはPTAには合わない気がします。現場に持ち帰って実践できるような内容が嬉しい。最後のまとめのリーダーの資質の部分のみ、PTA役員の使命として参考になった。
18.PTAだけでなく仕事においても役立つ講演会だった
19.リーダーとは成功者とはこう言う人なんだよなと、話の内容も興味深いものでした。私でもこれから何かできるのでは?と考えさせられた
20.前から一度お話を拝聴したい!と切に願っていた方が講師として登壇され、とにかく嬉しいの一言。パワフルで、楽しくて。。充実した講演会をありがとうございました。
21.経営者の話を直接聞く機会はなかったので、直接聞くことができて良かった
22.改革は痛みを伴うのでつい避けて通りがちだが、断行する強い気持ちを持ってすすめることの大切さを学んだ。
23.ファミマ社長のお話しはこれからの学校経営や自分自身の考え方・行動にとても参考になった。
24.全国から移動してくるため、行き帰りの移動手段によっては途中参加・途中退席をしないといけなくて最後まで参加できない人も多いのが残念だな。現地参加をしていても乱視等でせっかくのスライド等の情報が共有できない状況だったのが残念だなと思います。
25.記念講演の内容はどちらかといえば経済同友会や新人研修会に最適だと感じました。「やりたいことをやる」というタイトルはとても興味深くワクワクしていました。生徒たちの学校生活、進路、卒業後の人生において私たち大人(親、教師など)がどのように寄り添いサポートしていくべきかのアドバイスや課題が見えてきた気がします。取りこぼしの無い支援が必要ですね。
26.感染対策で座席にゆとりがあったのがよかった。またスクリーンも大きく後方に座っても問題なかった。
27.最終公演は教育と言うより経済・経営の話だったのでジャンル違いと思いましたが、個人的には興味のある話だったので頭に残りやすくいい話でした
28.「違和感の是正「何が正しいのか」を追求する。」と聞いたときに、私たちは生徒の違和感に耳を傾けているか考えさせられた。「利他」でやっていたことが、「利己」に繋がり、自分自身の成長に繋がると感じた。
29.開催地の石川県の関係者の皆様には開催方法の決定等には本当に苦渋の決断であったと思います。表彰等、時短バージョンではあったと思いますが、全国大会でやる意味はあったと感じました。ステージ上の机を省いたこと、いいと思いました。
30.スムーズな進行が良くおおがたTVも使いよかった
31.とてもすごい方というのはわかったが、企業の話しだったのでちょっと難しかった
32.講演を聴いて経営者としての在り方、考え方だけではなく自分軸ではなく、他者軸で様々なアイディアを創り出し会社の成功と社会全体の利益のために頑張っている姿に感銘をうけた。
33.全体としては良かったと思うが、一部のスケジュールや進行等で違和感があった。
34.記念講演でのリーダーに求めらる・自己責任・逃げ場をなくす・納得して努力する・自己成長の4つの言葉や、ひとりでも多くの人々を物心両面で幸せにするという言葉は、子ども達ならびに大人へも伝えていきたいと重いました。
35.知事や市長までもが観光することをすすめているのにとても感動しました。
36.スクリーンに対して文字が小さかった。
37.初めての参加ですがスタッフの対応も丁寧で良かった。
38.記念講演ではリーダーとしての在り方を考えさせられました
39.高校生たちが披露してくれた、吹奏楽やその他のアトラクションがとても立派でした。 また記念講演の講話もとても楽しく、かつ興味深い内容でした。
40.記念講演された澤田氏は、パワーある方で、働く現場の声を大切にされていた。なかなか聞く機会がないお話だったので、とても良い機会になった。 高校生のアトラクションも素晴らしかった。
41.経済界の中心で活動している方の考えや意見、生き様を聞くことができ、大変参考となった。
42.新たな変化=成長が求められる やりたい事をやる ①自己責任 ②逃げ場を作らない ③納得して努力する 日々、成長できるように頑張りたい❕ と思いました。

Q8.全国大会に参加しての感想

1.初めて参加しましたが、全国からこれだけの人数が集まりとてもビックリしました。その中でPTAとしてとても重要な立ち位置を担っている大会ということにも気付きました。今後の活動にも活かしていきたいと思います。
2.少しではあるが、他の学校とも交流出来たので良かった。
3.今後もやって頂きこれからに役立てて行きたい
4.沖縄から参加されてる各高校の皆様とも交流出来て良かった。
5.コロナ禍でイベントが中止していく今日この頃ですが、無事開催できた事、大変良かったと思います。
6.久しぶりの対面参加でとても良かったです
7.持ち帰って参加出来なかったメンバーへ伝えたい
8.初めての全国大会参加でした。コロナ禍で心配も多い中でしたがやはり直に声を聴くと心に響きます。記念講演の話は学校でも学生にも聞いてほしい内容でした。
9.やはり全国大会は大勢が集うところが魅力です。その意味で良かったと感じています。
10.講演会もとても良かったです。
11.初めて参加しましたが、どの講演も質が高く勉強になりました。しかし、この現代において現地へわざわざ出向くことの必要性があるのでしょうか?Zoom等で良いのではないでしょうか?
12.手配等お疲れ様でした
13.はじめて県外でのPTA大会に参加でき、見聞が広がり普段聞けない講演も聞くことができて貴重な体験をすることができました。今後のPTA活動や子育てに活かせるようにしたい
14.全体的にスムーズな大会であり、すごく参加しやすかった。
15.全国で活躍している人たちの講話が聴けて良かった。
16.今回もいろいろなことを再確認、再発見できる有意義な学びでした
17.親と子供、教員との関わりを学べて凄く良かった
18.本当にこんな大きなイベントを企画運営されて、どれほどの苦労があったかと思うと、感服いたします。コロナ禍ということもあり、決断断行するのに、躊躇われる場面もあったかと思いますが、今回開催できたことには大変意味のあることだと思います!本当に本当にお疲れ様でした!!感謝しています!
19.高校の全国大会は初めての参加だったが、内容が充実して良かった
20.記念講演の内容がとても良かった。経営者の視点、取り組みスピードの速さなど、悩むことも多かったと思いますが、実行する全ての事について講師の先生の中で理論的にリンクしており、校長としてとても参考になる内容でした。仕事に生かしていきたいといきたいと思います。
21.スケールの大きさと、それに伴う準備の素晴らしさとご苦労も凄くあっただろうと、よけいに感動しました。ありがとうございました。
22.今年もないのだろうと思っていたのですが、開催出来たこと多くの学校から参加出来たこと嬉しかった!全国大会の迫力はいつ参加しても圧巻です
23.年ぶりのリアル開催、やはり目の前で話を聞けるのは嬉しいですね。息子が今年で卒業ですが、今回参加できて良かったです。
24.やはり全国大会は学びも刺激も格段に強い。万難を配して実施、参加をすべきだと感じた。
25.とても良かった。大会自体も良い内容だったし、何よりも保護者と洪ねトークできたことは大きな収穫だったし、これからの「学校を楽しく」する作戦を共有できた。
26.学会の開催も近年では現地参加者にもオンラインでの視聴方法をも公開されているようなので、PTA全国大会でも交通手段が限られる地方での開催になる場合はもう少し柔軟に考慮してもらえたら移動のために途中退席を余儀なくされる方々にも最終結論が知れて喜ばれると思います。お仕事で1日しか参加できないことで現地参加を諦めたPTA役員の大会参加もしやすくなるかと愚考しました。
27.初めて参加させていただきましたが、率直にとても素晴らしい取組みだと思いました。ホストの石川県PTAの方々、ボランティアの方々、その他実行に関わってくださった全ての皆様、またこの機会を与えてくださった方々に感謝感謝感謝です。ありがとうございました。将来沖縄県で開催する際は何かしら形で関わり恩返しが出来たらと思います。
28.時間、日程、内容で制限は有ると思うがもっと簡素化し1泊2日程度で良いと思う。
29.場の雰囲気や講演者の思い等が直に伝わり、ライブでやること、参加することは、重要であると感じた。
30.石川県高等学校PTA連合会のみなさま、関係者の皆様には心から敬意を表したいと思います。対面開催をやっていただき感謝です。
31.例年懇親会があるが今回はなかったのが残念。コロナ禍ではあるが有意義であった
32.コロナ禍野中現地に出向して、直接講演を聴いたり、他県の人たちとの新たに出会うことができたりととても貴重な経験経験会
34.オンラインとは違い、リアルならではの臨場感や人が集まることの思いを感じられて良かった。
35.県内の各学校と交流や県外の方とも情報交換ができ、とても有意義な時間でした。また、アトラクションなども良かった。
36.3年ぶりの全国大会開催できて良かった。分科会、記念講演は大変勉強になった
37.他校との情報交換などはいつも得るものが多い
38.壇上で話しているのに、席を離れたりする方が多く残念です。
39.以前のように単p同士の交流会ができるようなればと願います。
40.初めての参加だったので、全て新鮮な気持ちで参加する事が出来て楽しくも、たくさんのヒントをもらえた貴重な大会でした。
41.石川県の魅力を実感できました。 全国のPTA連合の頑張りと活動の様子が体感出来た。

Q9.全国大会全体(宿泊・移動も含む)を通しての感想・要望等をお聞かせ下さい。

1.移動については長時間バスに乗ることもなく快適に過ごせました。宿泊施設もとても快適でした。観光においても石川県の魅力をとても感じることが出来ましたので、全体的にとても良い大会になったのではないかと感じております。
2.コロナ禍ではあり難しいとは思うが、やはり全体での懇親会はあった方が良い。
3.帰りの乗り継ぎは時間的に勿体ないと感じた。それ以外は満点です!
4.バス駐車場から分科会場までの距離が遠すぎる印象でした。
5.ホテルが大浴場、個室なのはとても良かったです。初日が弁当だったので、事前に情報が欲しかった。
6.バスでの移動はとても楽で良い
7.他の学校の方との交流とかがなく少し寂しい思いをしましたがコロナ禍で仕方がないですよね。ですが、とても良かったです。
8.大会参加、移動や観光など満足しています。
9.宿泊は、2日間朝食のメニューが同じだったのが残念でした。
10.開催地域への経済効果があることは否定できないが、このことが生徒へ直接還元できるか疑問です。せめて参加人数をもっと絞って派遣するなどではいかがでしょうか?
11.喫煙所が狭かった、携帯を使ったアンケートは良かった。携帯で発表スライドを見れれば席後でも見えると思いました
12.2日目の昼食が無い上に、コンビニで購入し持参しても、会場内でも食事が取れるところがほとんどなく、その辺はコロナ禍とは承知の上で改善してほしいです。
13.連合会関係者をはじめとする、みなさんありがとうございました
14.移動スムーズで良かった、宿泊ともに快適な大会日程であった。
15.実行委員の皆様、ありがとうございました。
16.露天風呂もあり、移動も駅近で自由な時間帯もあったので凄く楽しめました満足です
17.とても良かったです。実行委員の皆さん大変お疲れさまでした。
18.コロナでなければ、夕食も沖縄県全体で交流したかった
19.JTBの担当者様のおかげでとてもスムーズに移動等ができました。ありがとうございました。
20.地元を知らない個人の参加の為の交通の便をもう少し整えて頂きたい。
21.駅ちかのホテルで自由行動が多く取れたことはよかった!海産物が美味しいとこの大会でしたら最終日に市場に案内してくれるともっと色々買えるのになと感じた。沖縄への発送はお店の方もおすすめしないくらい高いので!
22.宿泊ホテルはアクセスのいいところで、利便性がありました。少し部屋が小さかったかな。
23.とても素晴らしいコーディネートでした。事務局、旅行社の皆さんのおかげで有意義な3日間でした。感謝します。
24.宿泊・移動ともに個別PTAで準備するには、初めての場所、旅慣れない者では難しいことなのでとてもありがたく思います。初めて行く場所なので観光もありがたかったのですが以前は教育関連施設への訪問もあったと聞いて今回はなかったことを残念に思いました。
25.同じホテルに宿泊していた他県の男性2人が、バスに乗車直前に駐車場でタバコを吸い、あろうことが吸い殻を側溝にポイ捨てしていました。ありえない最低!注意しようにもすぐバスが出てしまい対処できなかったことが悔やまれます。人としてのルールやマナーは守らねば、子どもたちの見本には慣れないのでは。添乗員さんやバスガイドさん、運転手さんには大変お世話になりました。どなたもとても気さくでありがたかったです。大浴場はとても気持ち良かったのですが、タオルが少なかったことと、朝からサウナが使用出来なかったことが残念でした。
26.沖縄から120名バス3台で参加したが、他校との交流会や自己紹介などのタイミングなどがなく非常に残念に感じた。せめて初日の昼食会場で自己紹介や名刺交換の時間を設けて欲しかった。そうすればその後の個々の交流や情報交換に繋がったと思う。沖縄からツアー組んで行く意義をもう少し考えてほしいと感じた。
27.同じホテル・同じバスを利用しての団体行動なので名札は必須かなと思いました。(学校名・個人氏名)又、教職員とPTA保護者の見分け出来やすいのがあれば、個々のコミュニケーションも取りやすかったと思います
28.新型コロナの感染状況も大変な中、しっかり日程が組まれていて良かったご苦労様でした。
29.分科会会場が遠すぎました。雨の中、傘もなく濡れながら移動したのは、きつかったです。すぐに第4会場なら観光バスも近くの駐車場🅿を確保してほしかったです。
30.ツアー全体の内容は良かった
31.アクセスの良いほてるであった、バスも余裕があり座れてよかった
32.楽しい経験となった。宿泊、食事、移動とも満足
33.旅行工程全体としては良かった。ホテルの部屋が狭かった
34.宿泊も一部屋で、気兼ねなく過ごせた。移動に関しても、バスでの送迎で安心出来たし何の問題もなかったと思います。食事も各学校で楽しく出来たと思います。要望としては、名札的な物があればもっと交流が出来たのかなぁっと思いました。
35.時間のゆとりもあり、大会開催県の名所に行くことができて良かった。
36.ツアー申し込み後、詳細についての説明が足りない。移動も帰沖が22時を過ぎるというのはどうかと思う。
37.サポートして下さったスタッフの皆さまのおかげで楽しく参加できた。ツアーだったので移動等もスムーズで良かった
38.今回は、空路の時間が厳しく、帰りが遅くなることがきつかった
39.移動について•••大会会場(駐車場)からの移動が、天気が悪く雨が降る中バスを降ろされ、分科会会場まで徒歩で向かうよう指示された。行き帰りともずぶ濡れでした。雨が降った場合は、臨機応変に対応していただければなぁ、と残念に思いました。
40.大会だけでなく、バスガイドさん付きの観光もあったので、勉強にもなり楽しく参加出来ました。㊶ありがとうございました。(小松空港から羽田→那覇空港到着でしたが、スーツケースの持ち                   手が破損してたので、少し残念でした) 

Q10.次年度全国大会ツアーの在り方に関してご意見をよろしくお願いします。

Q11.次年度全国大会ツアーの在り方に関しての要望等

1.ツアーで良いと思います!
2.沖縄県の全PTAで親睦会を行ってほしい
3.今回、前年度調査だったのですが、構成も大きく変わるので、大変だと思いますが新年度募集がありがたいです。
4.自己紹介をする場が欲しいです。
5.ここまで大きなお金が動くことに対して、どれだけの教育的効果があるのか検証が必要なのではないでしょうか?参加される方のモチベーション向上、維持が目的ならば適切かもしれませんが、お金は生徒からの徴収金で賄うべきではないと思います。各校の繋がりを持つのでしたら、各校1人の方が交流が増えると思います。現在の複数人数参加は、その学校だけの固まりだけになりやすく、交流が生まれにくいと思いました。
6.昼食は入れてほしい。お弁当でもおにぎりでもいいです
7.今回くらいのスケジュールがちょうど良いです
8.小中学の全国大会で仙台参加した経験でいうと、乗り継ぎ等移動時間に余裕を持った方がい い
9.来年度の宮城大会とても楽しみです。分科会の数も石川大会より多くどの分科会にしようか
10.悩みそうです。分科会の内容の事前の丁寧な連絡、ならびに、参加しない分科会の内容を事後にオンライでオンラインで視聴できるような体制の検討を要望します。
11.お土産の購入時間、日にちの工夫
12.感染症等で厳しいとは思うが、沖縄県全体の交流会をぜひ実施してほしい。
13.次年度も今年度同様対応してもらいたいです。
14.基本的な移動・宿泊をすべてお任せできたのはすごくありがたいです。ですが観光の時間に関しては選択式にしてもらいたいです。せっかくの機会なので他県のPTAの取り組みだとかの事例を実際に見て聞いてふれてみたかったと感じたので、来年参加できるかわかりませんが盛り込んでもらえたら嬉しいです。
15.せっかくツアー開催するのだから交流会、せめて名刺交換の時間を確保してほしい。
16.大会の実施自体に疑問を感じる。 保護者の会費での出張ではあるが、どれだけ現場に還元出来る内容なのか?オンライ開催でも充分な内容である。
17.次回の宮城大会は、会場が複数に分散しそうなので、どの会場にも移動しやすい宿泊先になるといいなと思います。
18.懇親会は実施してほしい。来年度からはでぎすかね~
19.とても、有意義な時間でした。計画・調整等ありがとうございました。
20.時間にゆとりのあるスケジュールで学びのある大会
21.いろんな人と知り合えるのでツアー研修が良いと思います。
22.沖縄に帰る便を早くして欲しい。コロナが落ち着き初日に県PTAの懇親会を開催できたら
23.交流会が出来ないなら、各単p単位の申し込みでも良いかもしれない

九州高P連調査広報委員会のアンケート結果

九州地区高P連調査広報委員会では「広報紙作成に関するアンケート」を30年度に実施しました。このアンケ-トは5年ごとに実施しており、九州各県の広報紙に関する取組状況を基に課題を洗い出し、結果を周知することで、皆様の広報活動を推進することを目的としております。参考にしていただき、次年度の活動へ繋げてください!!

調査広報集計表



*黄色の部分は別にグラフを作成しております。
※上記画像をクリックすると拡大画像で確認いただけます。

今回の「広報紙作成に関するアンケート」については、九高P連加盟の569PTAを対象に調査を行い、509PTAから回答をいただきました。
回答率は89.5%でした。ご協力いただきました各県連会長、調査広報委員長、事務局の皆様に感謝申し上げます。
質問は、11項目でしたが、学校規模の影響が出やすい項目については集計表から省かせていただきました。
また、調査結果については、表1の着色した4項目について分析しました。
特記事項として、各校の発行部数を精査したところ、会員数の数倍~10倍超の部数を発行している学校があり、地域や中学校等に強力な情報発信をしている様子が想像できました。

九州各県 学校PTA新聞発行率・HP掲載率





※上記画像をクリックすると拡大画像で確認いただけます。

○学校PTA新聞発行率について、九州全体で87%であった。
○PTA新聞の発行については、各県連の構成(公・私立高校や特別支援学校)等の影響も考えられる。
○学校PTA新聞のホームページへの掲載については九州全体で11.4%であり、各県の情況に差はみられなかった。
○HP掲載が進まない原因として、次のようなことが考えられる。
・単位PTAでネット環境が整っていない。掲載しているPTAは学校のHPに張り付けているのが実情。
・HPは不特定の人が閲覧することから、個人情報保護に慎重になる傾向がある。
・多くの学校・PTAでは新聞等への写真等の掲載許可を年度当初に取っている。一部に許可しない保護者もいることから学校職員が新聞(特に写真)のチェックをしているケースがある。

年間発行回数



※上記画像をクリックすると拡大画像で確認いただけます。

○九州全体の平均発行回数は2.4回。2回と3回で全体の77%を占めており、学期に1回程度の発行回数になっている。
○熊本県は4回発行のPTAが三分の一以上で突出している。
○回数には校種による違いがあることも考えられる。




※上記画像をクリックすると拡大画像で確認いただけます。

1部発行あたり編集委員会



※上記画像をクリックすると拡大画像で確認いただけます。

○1部発行に係る編集委員会開催回数は、九州平均で3.4回であった。
○なおも多いのは3回で全体の四分の一以上になっている。次いで多いのは5回以上で、福岡県と沖縄県ではこの区分が最大である。
○表4中、赤字は最大値、青字は2番目の値を示している。最大値と2番目の値が隣り合わせになっていない県が多い。




※上記画像をクリックすると拡大画像で確認いただけます。

新聞コンクール参加状況



※上記画像をクリックすると拡大画像で確認いただけます。

○各県で行っている新聞(広報紙)コンクールへの参加率は、九州全体で57.6%で半数を超えている。
○参加率は県によって差があり、最大は福岡県の72.4%、最小は佐賀の32.4%であった。
○参加しない理由をきいた。「期限に間に合わない」が多かったのは沖縄・宮崎・鹿児島・福岡の各県。「出し忘れ」が多かったのは長崎・熊本の両県。「興味がない」は大分と佐賀で多くなっている。
○コンクールは、各校がお互いに学びあい、理解し合う貴重な機会であり、参加を促す工夫が求められる。
県別 新聞コンクール参加率


※上記画像をクリックすると拡大画像で確認いただけます。

新聞コンクール不参加理由(九州全体)


島尻大会アンケート結果

沖縄県高等学校PTA研究大会島尻大会アンケートの結果を
調査広報員会でまとめました。

アンケート実施の概要

●例年の自由記述方式から選択肢による評価形式と
自由記述設問を加えたアンケート票を作成。
●アンケートは紙で配布し記入するものと同時にWebでも答えられるように
Creative Survey社の無料アンケート作成サービスを活用した。
●Web回答は終了後も自宅等で回答できるよう11月30日までの受付とした
●配布枚数700枚 回答数 紙40枚 Web20名と 8.57%未満と低いものとなった。

アンケート回答の概要

●大会テーマ、分科会の運営、シャトルバスによる移動、記念講演の満足度、
弁当について 否定的意見はほとんどなくスムーズな大会運営だったことをうかがわせる。

●分科会のテーマ設定については「より具体的なテーマ設定」
「課題が共有できる学校ごとのテーマ設定」に要望がある。

●記念講演が感動的だったと評価する意見複数あり。

Q1.どちらの地域からのご参加ですか?

Q2.大会テーマに照らし合わせて大会内容は適切だったと思いますか?

Q3.どの分科会に参加しましたか?

Q4.分科会の内容(事例発表を含む)は、参考になりましたか?

Q5.分科会についてご意見は?(複数回答可)

Q6.その他

●成功事例も大切と思いますが、表に出にくい問題もあると思います。
出来れば今後はそこも含めた会であってほしいです。
十人十色で良いということを子供達も保護者も教師も、
凡事としてこの様な会で発表して頂きたいと思います。

●分科会にしないで全ての発表を聞きたい。

●役員の食事は、事前に取らせていたほうがよい。
昼食後、何も食べずに夜まで役員はきついですね。
交代制にするなど工夫が必要です。

●他校の取り組みや関わりを聞けたので参考になりました。
またほとんどの学校での課題が悩みが一緒でした。

●若干全体会の進行が遅れていて、休憩時間に乗る予定のバスが間に合わなかった。
進行状況をみて少し待ってて下さるとよかったかなと思いました。

●全体会で、表彰のとき表彰者への案内係がいなかったことや、
賞状がずれて渡されたことなど、表彰が壇上でトラブっていた。
アトラクションは、高校生にしてもらうべきだと思う。
発表の機会を増やすことや、子どもたちの活躍を父兄が見る良い機会にもなるため。
外部によるアトラクションで、とても残念に思った。

Q7.記念講演の内容はいかがでしたか?

Q8.駐車場・案内表示・誘導・シャトルバスの運行は適切でしたか?

Q9.大会の運営について、係の案内や対応は適切でしたか?

Q10.お昼のお弁当はいかがでしたか?

全体会についての自由意見 称賛・ねぎらい

●素晴らしい大会運営だったと思います。島尻地区のPTAの皆様ありがとうございました。
マイクロバスでの搬送も問題ありませんでした。
全体会の司会には進行補助の方をつけて上げると優しいと思います。
来年度からよろしくお願いします。

●昨年は発表校ということで、分科会のみ初参加。
今回、全スケジュールに参加させて頂きました。
分科会での各学校の発表は具体的に実践できそうなことが多数ありとても参考になりました。

●参加しなければ知りえなかった貴重な情報 意見交換ができ有意義でした。

●駐車場の確保も難しい中、シャトルバスの運行等、もっと混乱するかと思っていましたが、
係の皆さんの尽力によりとてもスムーズでよかったです。ありがとうございました。

●PTA活動してはどこも共通の悩みがあり非常に参考になった。子供のためといいながら、
なかなか子供達の意見も聴けない現実がある中で生徒会との連携をしている所もあり、
とても参考になった。大会運営の方のご苦労に感謝申し上げます。
全体会議が少し少ない感じがありましたが来年度はもっと多くの会員が参加することを願っています。
大会や分科会の報告事項等が閲覧できるものがあればいいですね。

●お疲れ様でした。

●豊南高生の気持ち良い挨拶が良かったです。野球部の生徒の誘導もとても良かったです。

●準備から本日開催まで皆さんお疲れ様でした。

●とても有意義な時間を過ごすことができました。
これからも子ども達の健全育成・夢実現の為に出来ることをやっていきたいと思います。
スタッフ全員、皆様本当にありがとうございました。

●島尻地区の皆様、大変お疲れ様でした。私は8年前の中頭大会時の
運営事務局を担当させていただいた者ですが、様々な膨大な調整に
押しつぶされそうになったことを思い出します。
大会当日の運営を含め多くのご苦労があったことをお察し申し上げます。
この後、大会冊子の製本等、引継ぎ等と仕事がまだ残っておりますので、
どうぞ後一踏ん張り頑張って下さい。大変お疲れ様です。

●活気あふれるスタッフ、記念講演の内容(感動)、分科会の発表 大変良かったです。

●シャトルバスの運行は参加者に寄り添う気配りでした。

●充実した多くの学びを得られた大会でした。

全体会 日程・進行関連

●全大会はもっと省略した方がいいと思います。表彰や報告、大会宣言等は絶対に必要か?
あるいは別の時に行えるのでは?あまりにもガチガチに作られ過ぎてて、何だか面倒だと思いました。

●閉会の行事の進行がスムーズでなかった。 前日に、打ち合わせ等がちゃんとなされてたのでしょうか?

●全体会で、表彰のとき表彰者への案内係がいなかったことや、賞状がずれて渡されたことなど、
表彰が壇上でトラブっていた。

●リハーサル不足なのか進行がスムーズではなかった。

●祝辞は表彰の前の様な気がします。来賓は最後までいることになる、今のままでは。
市長はすぐに帰ったが紹介もお礼もなかった→司会からは。
教育長代理者は何度も時計を見ていた。本人も後半のあいさつとは思っていないはず。

●広報紙講評長いと思います。

●大会スローガンの「勇気と誇りを持って」とはどの様な意味か?
具体的にどのような行動を求めているのか分からない。

●要項に大会実行委員長の挨拶も載せて欲しい。

●案内係が少なかった。

記念講演関連

●記念講演とてもよかったです。・3つの健康。特に「社会的健康」・最後に決めるのは自分。
「あなた(私)はどう思うか」・心の「Rich」・「家族」の絆の気づき等たくさんのことが
深く心に残りました。 自分が社会にとって何ができるのかを考え、
家に帰って子供を始め家族をぎゅっと抱きしめたくなりました。

講師の方、運営に携わった方々、ありがとうございました。

●記念講演とても良かったです。今回一番刺激を受けました!
もやもやとしていた進むべき道をしっかりと導いてくれたような気がしました。
ちょっと言い過ぎかもしれませんが、生まれかわったようなそんな感じです。
無料でそのような素敵な出会い、お話を聞けてとてもラッキーです。
その後の こんなに素敵な組織であるのならもっとたくさんの人に気軽にPTAに参加して
いろいろ得て欲しいですね。もっとシンプルに楽しく活動、参加できるような会、
研究大会を運営できるとほんとに素晴らしいものになると思います!
ちょっと愚痴っぽくなってしまいましたが、
実行委員の皆さん、島尻地区の会員の皆さん大変お疲れさまでした。

●今日はお疲れ様でした 午前中は各学校発表会でPTAの参加の大切さを学びました。
午後の講演会 大住力さん聴いていていきるってなんだろう色々な疑問を自分に問いかけて
今後かんがえて行きたいと思います。今日は1日大切な時間を過ごせました。
ありがとうございました。

●講演会は家族のあり方を見直す良い機会でした。

●いろいろな幸せの形があることに気づかされました。
母は強し・・・どのお母さんも笑顔が素敵なでした。
難病の子供達とその家族を皆で支えていけるといいですね。

●講演会の時はみなさん涙していた。せっかくなので司会から寄付を募る案内をした方がいい。

●今回の記念講演は、たいへん良かったと思います。心に響く貴重な話が聞けたと思います。

お弁当

●弁当の飲み物はキャップのついてるペットボトルがいい。
●せっかく美味しいお弁当でしたが割り箸がはだかで、落として使えなくなりまた。
お弁当のふた?閉じれてなかったのが残念。

教育懇親会関係

●教育懇談会という名の割にはあまりにも挨拶など話しを聞く態度ではなかったように思う。
先生方(T)の教育懇談会への参加が少ないのは何故か。
●懇親会は山川まゆみさんのステージなどありとても楽しかったです!アルコールがあるのも素敵♪
●会場が一ヶ所だと交流会の参加も増えるのではないかと思った。
分散すると費用もかかるのではないか。

PDFはこちらからダウンロードできます。

平成29年度 広報紙コンクール結果

平成29年11月18日(土)に行われた「第48回沖縄県高等学校PTA研究大会(島尻大会)」で
広報紙コンクールの表彰が行われました。
入選した各校のPTA新聞を紹介します。

最優秀賞

首里高等学校PTA
「津梁117号」


首里高等学校PTA「津梁117号」
首里高等学校PTA「津梁117号」

優秀賞

那覇高等学校PTA
「城岳144号」


那覇高等学校PTA「城岳144号」
那覇高等学校PTA「城岳144号」
開邦高等学校PTA
「開邦雄飛 第77号」


開邦高等学校PTA「開邦雄飛 第77号」
開邦高等学校PTA「開邦雄飛 第77号」
浦添高等学校PTA
「綺羅星 第2号(通巻304号)」


浦添高等学校PTA「綺羅星 第2号(通巻304号)」
浦添高等学校PTA「綺羅星 第2号(通巻304号)」
豊見城南高等学校PTA
「とみなん 86号」



豊見城南高等学校PTA「とみなん 86号」

優良賞

那覇西高等学校PTA
「耀西の風 vol87」


那覇西高等学校PTA「耀西の風 vol87」
那覇西高等学校PTA「耀西の風 vol87」
普天間高等学校PTA
「未来記」
南風原高等学校PTA
「PTA新聞南風」
西原高等学校PTA
「NEWS OF NISHIHARA」
豊見城高等学校PTA
「豊翔」



豊見城高等学校PTA「豊翔」



以上の10校が入選いたしました。
尚、平成30年6月に行われる九州高等学校PTA新聞コンクールへは
 最優秀賞と優秀賞に選ばれた5校 が出展されます。